ひと目でわかるマーケティング 新登場!

「読んで」→「使う」マーケティング本が登場!
12年のキャリアを持つ現役マーケターだから書けた「リアル」な鉄則メソッドが100本掲載!

こんな方におすすめ!

  • マーケティングを自力でやりたい
  • マーケティング実践論学びたい
  • 将来マーケターになりたい

『ひと目でわかるマーケティング 実戦から生まれた絶対成功の鉄則100』は、

1.ひと目で「納得」
2.読んで「習得」
3.使って「体得」

と3ステップで活用できる、あなたが「明日から仕事で使うため」のマーケティング書籍です。

\全国の書店・電子書籍などで/

好評発売中!

※ご予約、お取り寄せも全国の書店にて受付中です。

マーケティング実務で本当に必要なのは「活用」メソッドです

みなさま初めまして。『ひと目でわかるマーケティング』著者のデ・スーザ リッキーです。

突然ですが、私の娘は「算盤(そろばん)」をやっています。最近5歳にして「かけ算」をはじめ、九九の暗記を頑張っています。「にいちがに、ににんがし…」を覚えるために、さまざまな教材を使っています。

イラスト、漫画、覚え歌、動画など、おかげさまで、娘の暗記は順調なのですが…。

ある日のレストランでの話です。メニューに2行×4列で写真が貼ってあり、写真で選べるタイプのものだったのですが、娘は、それを指で『いち・にい…』と数えていたんですね。

で、私が「かけ算使わないの?」と聞くと「?」みたいな顔をする。

(あ、そうか)と思った私はその場で、「ほら。ここが2個でしょ。で、こっちが4。だからね。これが2と4で、2×4=8なんだよ」と教えると、娘は、

「いち、にぃ…」と数え始め「…はち! おおぉ(スゲー)!」みたいになっていました(笑)

彼女は、そこで初めて「かけ算が、どうやって使われるものなのか?」を理解したようです。

そして、実は、これこそが、

・いまマーケ実務の世界でも起きている事で
・私が「ずっと解決したかった課題」でもあり
・本書に表現した世界観です

なぜ、人はそれでも「マーケティングに困る」のか?

正直、すでに世の中には「マーケティング理論」は食傷気味になるくらい出ています。「わかりやすい」の表現も追求され尽くされていると言っていいでしょう。小説風味、漫画、イラストなどなど、素晴らしい理論もたくさんあり、最近出ているものは「どう、切り口を変えて見せるのか?」が主流になって来ていると感じます。勉強するのに困ることは「ほぼ、無い」と言えます。

しかし、それでも人は「マーケティングに困り」ます。なぜでしょうか?

私の仮説は「本当に人々に必要なのは、そこでは無いから」だと思っています。つまり、その覚えた理論を実戦で「使う」ための指南書が「無い」のです。無論、それを自分の頭で考え、苦労して体得する人も稀にいます。しかし、それを成すためには膨大な時間と労力を費やす事になります。

マーケティング書籍の傾向がこうなってしまうのは、もともとマーケティングがアメリカの「学問」だからだと私は思っています。たとえば、MBA(経営学修士)も「勤勉の末に得るもの」です。だから、「理屈」が先に来て、みんながそちらから考えます。そもそも、マーケそのものが理屈です。

【疑問】本来は? 「そもそも」を考える。

しかし、たとえば日本には「おもてなし」の心があり、この姿勢は間違いなく「マーケティング」に近いところに存在します。そして、それは本来「学問」ではありません。そう言った、本来技能的なものを「学問」として体型的に昇華させたものが「マーケティング」であるはずです。

つまり、そもそも「アプローチの順番が逆では無いか?」と、私は考えました。
なので、私が今回出版する本では「全く逆からのアプローチ」をしています。

シンプルな3つのアプローチ

  • フレームワークの前に、ロジックから考える
  • ケーススタディの前に、ファクト(事実)から考える
  • 数式メソッドの前に、数字の見かたから考える

これまでのマーケティング書籍と違う「立ち位置」を持つ、本書のポジショニング

見せ方の工夫 伝えるもの 情報の広さ 情報の深さ
本書の視点 見開き完結 活用術・実例 広い 浅い
これまでの
マーケ書籍の視点
小説・漫画形式 理論・事例 専門的 深い

※本書は「使うための書籍」なので、より深く勉強するならば、既存の先生方の良著に触れるのがベストです。しかし、「得た知識の活用」や「そもそも得るべきマーケティング解決策を見つけるため」なら本書は強みを持ちます。

こんな人にオススメ

そもそも、何をすべきなの? この知識、どう使うの?から考える人にお勧めします

 

200ページに渡って淀みなく続く、シンプルなのに理解しやすい構成

ぜひ、書店で本書を手に取って「パラパラとめくって」みてください。どこを開いても右ページは「シンプルなメソッドの言い切り」になっており、左ページは「その解説」に終始しています。本書は「使うため」にこだわっています。たとえば、気になるページに付箋を挟んで会社に持っていけば、その日から共有も実践も出来ます。

もう、あなたのチームは「あのマーケ本、良かったから読んでみてよ」という時間のインターバルを持つ必要はありません。

厳選された各章25本、全4章の鉄則

本書は「ロジック・ファクト・数字・キャリア」という4つの軸と、各章25種類まで厳選された「鉄則」から構成されています。その内容・目的について紹介いたします。

+ ロジックの章についてもっと詳しく

マーケティングを行うため に必須となる「理論・論理」の考え方・使い方に ついて述べていきます。

+ ファクトの章についてもっと詳しく

著者が 12年間のマーケティング、プロモーション実務において遭遇し、体験し、学んできた「ルール化されていないファクト(事実)」 について述べていきます。

+ 数字の章についてもっと詳しく

「数字への向き 合い方」、「数字が起こす錯覚」、「数字に騙されない方法」、「数字の捉え方」など、数字が出てきたときの「本当に基本的な所作」などをお伝えします。

+ キャリアの章についてもっと詳しく

本書のメソッドを「実サラリーマ ン生活の中で活かす方法」についてお伝えします。「管理職になれるマーケター」の視点について紹介していきます。

本書を読むことで、これまでどこか「ふわふわ」していたかも知れない、あなたの持つマーケティング論は、血の通った「実践型」に生まれ変わっていくことでしょう。

ぜひ、本書を活用して、あなたの「明日からのマーケティング」を加速頂きたく思います。それこそが、私の何よりの喜びでもあります。

 

『ひと目でわかるマーケティング 実戦から生まれた絶対成功の鉄則100』は、全国の書店にてお買い求め頂けます

\株式会社エムディエヌコーポレーションからの出版です! /

本書の「無料」試し読みはコチラ

※ご予約はいつでも可能です

お買い求めは全国の書店・またはオンラインショップ・電子書籍まで

▼書籍情報
デ・スーザ リッキー 著
A5判/224ページ
定価(本体1,500円+税)
ISBN:978-4-8443-6844-1

運用元:Marketer's Brain http://marketersbrain.co.jp/aboutus/

Copyright© ひと目でわかるマーケティング 実戦から生まれた絶対成功の鉄則100 , 2019 All Rights Reserved.